light-novel

おすすめライトノベル人気ランキング

  • 治癒魔法の間違った使い方
    4.7

    「勇者召喚」に巻き込まれ異世界に転移してしまった高校生、ウサト。稀少な「治癒魔法」の適性を見出されたウサトは、救命団団長のローズに拉致されてしまう。そこで待っていたのは、地獄のような訓練の日々だった。

  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで
    4.7

    クラスメイトとともに、異世界へと召喚された「空気モブ」の高校生・三森灯河。クラスの面々はS級やA級の勇者として召喚されたが、灯河は唯一の最低ランクであるE級。さらに取得したスキルは、その世界では「ハズレ枠」と称される【状態異常スキル】だった。女神ヴィシスにより生存率ゼロの遺跡に廃棄された灯河は、絶望の奈落に沈みつつも、自身のスキルを駆使し魔物を蹂躙し続ける。そして、光も届かぬ闇の底で灯河の胸に去来する思いは、たったひとつだけだった――。「もし生きて戻ったら――覚悟、しておけ」
    かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、ここに開幕。

  • 老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます
    4.6

    光波は、ある日崖から転落し中世ヨーロッパ程度の文明レベルである異世界へと転移してしまう。しかし、狼との死闘を経て地球との行き来ができることを知った光波は、2つの世界を行き来して生きることを決意する。その理由は老後の安泰のため!老後資金を計算すると、必要な資金は金貨8万枚! 異世界の文明が歪まない程度に(でも自分が楽できるなら自重はしない)、いろいろなものを持ち込んでお金儲けにまい進します!

  • デスマーチからはじまる異世界狂想曲
    4.5

    デスマーチ真っ只中のプログラマー、”サトゥー”こと鈴木。仮眠を取っていたはずの彼は、気がつけば見たこともない異世界に放り出され、そして目の前には蜥蜴人の大軍? 夢か現実か、ここにサトゥーの旅が始まる!

  • 難攻不落の魔王城へようこそ ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~
    4.4

    隠した力は失われた魔法!?元魔王に鍛え上げられた最強の黒魔導士、魔王城に再就職!ダンジョン攻略がエンターテイメントとなった時代。勇者パーティーを支援魔法により支える黒魔導士レメは、地味で役立たずとクビを宣告されてしまう。そんな彼に声をかけたのは妖艶な美女ミラ……「あなたの力で……どうか魔物たちを導いてください!」その正体は魔王軍の幹部だった!隠していた力を見抜かれ、就いた地位は魔王軍のNo.2――ダンジョンボスとしての役目も与えられ、参謀になって魔王軍を率いることに!?「我に従え――勝利をくれてやる!!」最高難易度ダンジョン・魔王城にて、古の魔法で不人気職が無双する!!

  • 元・世界1位のサブキャラ育成日記
    4.3

    ネトゲに人生を賭け、世界ランキング1位に君臨していた佐藤。が、ある事をきっかけにゲームに似た世界へ転生してしまう。しかも、サブアカウントのキャラクターに! 0スタートから再び『世界1位』を目指す!

  • 二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす ~前世が賢者で英雄だったボクは来世では地味に生きる~
    4.2

    「また転生してしまった」「賢者」と「英雄」…二つの前世を持って転生した少年レクス。前世の記憶から、目立ってしまうことの危険性について把握していたレクスは、3度目の人生を「冒険者」として地味に生きることを誓う。だが、その「地味」はフツーの人たちにとってはむちゃくちゃ「派手」だった…!! めっちゃ強くてニューゲームな無自覚無双で最強の少年が周囲の人々を圧倒する痛快冒険ファンタジー活劇、始動!!

  • 転生貴族の異世界冒険録 ~自重を知らない神々の使徒~
    4.1

    通り魔から幼馴染の妹をかばって死んでしまった椎名和也は、カイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。夢にまで見たファンタジー世界に胸を踊らせるカイン。この世界では五歳になると洗礼を受け、神々の加護を受ける慣習があり、五歳の誕生日を迎えたその日、カインも洗礼を受けることに。だが、そこで与えられたのは多大過ぎる神々の加護と、もはや規格外とも呼べるステータスだった。自身の力を隠そうと努力するカインだったが……。冒険者を目指す少しドジな少年が、自重を知らない神々と王国上層部や女性たちに振り回されながらも成長していく、王道異世界ファンタジー開幕!

  • 悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~
    4.1

    RPG系乙女ゲームに悪役令嬢ユミエラとして転生した私。でも実はユミエラは、本編ではショボいが、エンディング後には裏ボスとして再登場し勇者と渡り合うキャラで――つまり超絶ハイスペック! ついゲーマー魂に火がついて鍛えた結果、学園入学時点で私はレベル99に達してしまっていた。ゲームのストーリーには関わらず目立たず平穏に過ごすつもりが、入学早々レベルがバレて、ヒロインや攻略対象達には魔王と疑われてしまい……!?

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた
    3.9

    落第剣士と蔑まれる少年・アレン。ある日、剣術学院の退学を賭けてエリート同級生剣士との決闘が決まり絶望するなか、謎の仙人から「一億年ボタン」を押すか尋ねられる。それは、押すと一億年間修業できる代物で!?

  • 継続は魔力なり~無能魔法が便利魔法に進化を遂げました~
    3.8

    魔法を使うために毎日こつこつと魔力を鍛錬し続けてきたレオンスはある日、自分の適性魔法が、世間一般にはハズレ扱いの『創造魔法』だと知らされる。しかしレオンスは桁外れの魔力と運を駆使して、『創造魔法』を最強のアイテムを生み出す便利魔法へと進化させる。会話できるドMの魔剣など、数々のちょっと変わった(?)便利アイテムを次々と生み出し、王女シェリアや聖女の孫リアーナにプレゼントしたり、二人となんだかいい雰囲気になったり。そんなレオンスに訪れた、ある試練。さらに帝国の平和を脅かす謎の組織『忍び屋』も暗躍を初めて――!?千里の道を一足飛び! 最強モノづくりファンタジー!

  • レベル1の最強賢者~呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に~
    3.8

    邪神によって異世界にハルトとして転生させられた西条遥人。転生の際、彼はチート能力を与えられるどころか、ステータスが初期値のまま固定される呪いをかけられてしまう。頑張っても成長できないことに一度は絶望するハルトだったが、どれだけ魔法を使ってもMPが10のまま固定、つまりMP10以下の魔法であればいくらでも使えることに気づく。ステータスが固定される呪いを利用して下級魔法を無限に組み合わせ、究極魔法よりも強い下級魔法を使えるようになったハルトは、専属メイドのティナや、チート級な強さを持つ魔法学園のクラスメイトといっしょに楽しい学園生活を送りながら最強のレベル1を目指していく!

  • 即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。
    3.6

    全ての敵が即死する!!修学旅行中、バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメートの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると--そこは異世界だった!知千佳の説明によると、突然現れた賢者シオンと名乗る少女が、クラスメートのほぼ全員に“ギフト”という能力を与えて、『今から冒険を始めてこの中から成長して賢者になる者が出なければ全員奴隷にする』と言ったのだという。そして、今バスの中に残っているのは、なぜか能力を与えられなかった無能力者で、自分達は他のクラスメートが最初のミッションをクリアするために囮としておいていかれたのだと。いきなり大ピンチの夜霧と思いきや、実は彼は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていたのだ!これは、無能とされた少年と少女が、あらゆる敵を即死させながら、元の世界に戻るための旅をするお話。本当に最強なら、戦いにすらならない! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?

  • 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます
    3.6

    最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大な報酬を得た彼はこれ以上物騒な仕事をする必要もない、と初級職《運び屋》に転職した。そして、相棒である竜王と共に世界を旅しながら、悠々自適な生活をしようと思っていたのだが――「何だか前より勇者やギルドの連中から頼りにされていないか?」「だってご主人、竜王のボクを駆る、最速の運び屋さんになったんだから、当然でしょ」「というか、竜騎士時代よりも能力が上がっているし、スキルも強いような?」「だってご主人、基礎を学んでないんだから、学び直したら実力が底上げされて強くなるのは当たり前だよ」こうして史上最強の初級職《運び屋》となったアクセルは、様々なギルドや勇者、英雄たちが活躍する世界の中で、周りから愛され憧れられ、頼られながら自由気ままに暮らしていく。史上最強のビギナー運び屋が最速で送る、トランスポーターファンタジー、ここに開幕!

  • 望まぬ不死の冒険者
    3.5

    最高の神銀級冒険者を目指し早十年。
    おちこぼれ銅級冒険者のレントは、ソロで潜った《水月の迷宮》で《龍》と遭遇し、その圧倒的な力の前に為す術なく喰われた。

    ――そして、レントは“目覚めた”。

    なぜか最弱モンスター「スケルトン」の姿で……!?
    レントは討伐を回避するため、魔物の『存在進化』――魔物を倒して経験を積み、上位の魔物へ進化することを目指す。
    存在進化して「グール」になれば、人間だと誤魔化せるかもしれない。
    その最中、レントはついに人間の駆け出し冒険者リナ・ルパージュと出会う。
    魔物からリナを助けたレントは、存在進化で得た新しい力の強さを知り……!?
    強大な魔物と戦い、多くの謎に出会い、そして強くなる。
    死してもなお遙かなる神銀級を目指して、不死者レントの『冒険』がいま、始まりを告げる――!

  • 某大手ダンジョンをクビになったので、実家のダンジョンを継ぎました。
    3.4

    超有名ダンジョンを解雇された青年・壇ジョーンは、長い間放置されていた田舎の休眠ダンジョンを継ぐことに。仲良しのモンスター・ラキモンと一緒に、いちからダンジョン始めます!商品を開発したり、うどんをつくったり、お祭りを開催したり。世界の危機も、勇者の侵略もありません。気軽に、いつでも遊びに来てください。D&M、今日も楽しく営業中!

  • 落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜
    3

    孤児院育ちの独身男<斉藤甚九郎>は、ハロワ帰り不運にもトラックに轢かれてしまう。目が覚めるとそこは高級感あふれる部屋だった。しかし転生先の少年ノンランド公爵家の長男<ジンク>は、落ちこぼれ故に濡れ衣を着せられて廃嫡され、国外追放の刑に処される事が確定していた。いきなりの超ハードモードに、頭痛を覚えながらも足掻こうとするジンクはふと違和感を抱く。「あれ?何でゲームのステータスみたいなものが見えるんだ?」と……。

  • 実は俺、最強でした?
    2.9

    ヒキニートがある日突然、異世界の王子様に転生した――と思ったら、直後に最弱認定され命がピンチに!?捨てられた先で襲い来る巨大獣。しかし使える魔法はひとつだけ。開始数日でのデッドエンドを回避すべく、その魔法をあーだこーだ試していたら……なぜだか巨大獣が美少女になって俺の従者になっちゃったよ?不幸が押し寄せれば幸運も『よっ、久しぶり』って感じで寄ってくるもので、すったもんだの末に貴族の養子ポジションをゲットする。とにかく唯一使える魔法が万能すぎて、理想の引きこもりライフを目指す、のだが……!?先行コミカライズも絶好調! 成り上がりストーリー!

  • パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき
    3

    一流パーティーに所属するラウストは、治癒師にもかかわらず初級魔法のヒールしか使えない。そのため彼は仲間に少しでも貢献しようと自分自身を鍛えてきたが、その甲斐むなしくリーダーのマルグルスから追放を言い渡されてしまう。その後、マルグルスたちは新たな治癒師を仲間にするのだが、それをきっかけにラウストがいかに優れた能力を持っていたのかを悟ることになった。虐げられていた治癒師が、自らを認めてくれる仲間を得て成り上がる――「小説家になろう」発の大人気ファンタジーが書籍化!

  • 死に戻り、全てを救うために最強へと至る
    2.5

    最強への道。それは全てを救うための道。家族、幼馴染、親友、そして――愛する人。全てを失ったエリックは、この世を生きる意味はないと絶望し、自殺する――。しかし、死んだはずなのに目が覚めてしまい、状況を把握すると自分は赤ちゃんになっていた!?輪廻転生というものだと思ったが、なぜ前世の記憶があるのかもわからない。しかし、前世の記憶を持って生まれたことにより、すでに絶望しているエリックは、輪廻転生という運命を憎んだ。そして母親を見てみたら――前世での自分の母親であった。エリックは赤ちゃんに『なった』のではなく、赤ちゃんに『戻った』ということを理解し、失ったもの全てを救うために強くなる、最強へと至ることを決意する――。まずは、全てを失う始まりの災禍。生まれた町を襲った魔物たちの襲撃を防ぐため、前世以上の力を得るために研鑽を積む。この人生では、なにひとつ失うつもりはない!!――これは運命という未確定なものに立ち向かう男の物語――。

  • 新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。
    2.5

    『冒険者になるのはできるだけ若いうちがいい』そんなことは常識だ。冒険者の強さの基礎である「魔力」は若いうちに鍛えなければ、ほとんど伸びないからである。しかしその男、なんと30歳を過ぎてから冒険者を目指したリック・グラディアートルは、新米ながらも最高位であるSランク並みの戦闘力を有していた。「ははは、その歳から冒険者とか(笑)」「よっこいしょ」 メキメキメキィ!!! ←(最高位魔法が素手でねじ切られる音)実はリックは、大陸最強の冒険者が集う伝説のパーティ「オリハルコン・フィスト」のメンバーによって想像を絶する日常を過ごしてきたのだ。ドラゴンからヴァンパイアまで、文字通り「モンスター」級の師匠たちに鍛え上げられた戦闘力で、リックはなめてかかってくるエリート冒険者を次々にねじ伏せていく。

  • 没落予定の貴族だけど、暇だったから魔法を極めてみた
    1.5

    晩酌を楽しんでいた男は、気づけば子供の肉体に乗り移っていた。異世界の貴族の五男、リアムとして。いきなりのことでパニックになるも、彼はずっと魔法に憧れていたこともあり、働く必要もないので、魔法を練習する気楽な日々をおくることに。すると魔法の才能があったらしく、属性魔法の習得はもとより精霊を召喚したり、強力な使い魔を得たり、アイテムボックスの異空間に家を建築したりなどなど、どんなに難しい魔法もマスターしていく。没落予定だった実家からの独立を目指して冒険者になった彼は、いつのまにか世界屈指の魔術師どころか、より位の高い大貴族に成り上がっていくのだった。最強貴族による自由気ままな魔法ファンタジー!

light-novel
最新情報をチェックしよう!